クリアブルー排卵検査器タッチパネル式

排卵検査薬の曖昧判定はもう嫌!高精度デジタル排卵検査器「クリアブルー」

使い捨て排卵検査薬はストレスが溜まる

ドゥーテストやチェクワンなどの使い捨て排卵検査薬を使ってみたはいいけど、肝心なラインの濃さが微妙で、『陽性なのかなぁ?』と、2度も3度も繰り返し検査してしまったことはありませんか?

確かに使い捨ての排卵検査薬は低コストで経済的な負担は軽いのだけど、線の微妙さに戸惑うし、ちょっとしたストレスも感じる。『どっちなのかハッキリしてよ!』と突っ込んでしまいたくもなる。

特に、早く妊娠したいと考えている方にとっては、戸惑いやストレスは全くもって邪魔な存在。『もっと、しっかり・ハッキリ・正確に判定してくれる排卵検査薬はないの?』という声が聞こえてきそうです。

そこで、「妊娠しやすい6日間」と、さらに「最も受精しやすい12時間」を、99%の正確さでピタリと予測してくれる、「米国支持率No.1のクリアブルー排卵検査器タッチパネル式」に触れてみたいと思います。

これ1台あれば、もう病院の外来で“どこか恥ずかしい思い”や“辛い気持ち”になることもありません。

クリアブルー排卵検査器が優れている理由

一般の排卵検査薬とクリアブルー排卵検査器との一番の違いは、前者が「黄体刺激ホルモン(LH)」を利用して排卵日を予測しているのに対し、後者は「黄体刺激ホルモン(LH)+卵胞ホルモン(エストロゲン)」の、同時に2つのホルモンを利用して排卵日を予測している点にあります。

この違いにより、一般の排卵検査薬では、「妊娠しやすい2日間」を予測するに留まりますが、クリアブルー排卵検査器は、「妊娠しやすい6日間」を正確に予測することが可能になります。

妊娠しやすい6日間のうち、最も受精しやすいピークの12時間は5~6日目に来ることが一般的です。

膣内での精子の寿命は3~5日と言われておりますので、妊娠しやすい6日間がわかったら、初日や2日目から余裕をもって、「精子を先に待機させておく」ことが理想となるわけですが、直前の2日間しか予測できない一般の排卵検査薬では、この方法が使えません。

クリアブルー排卵検査器タッチパネル式では、妊娠可能性を「低レベル」「高レベル」「ピークレベル」の3段階表示をしてくれる仕様になっているので、「高レベル表示がされたら精子を先に待機させておく」と覚えておくと良いでしょう。

これにより、妊娠の可能性を最大限に高めることできるのです。クリアブルーは、曖昧判定のない高精度・高性能の米国No.1デジタル排卵検査器なのです。

簡易版の「クリアブルー・イージー」

クリアブルー排卵検査器は、本気で不妊で悩まれているような方にとっては、ベストな選択になりえますが、『そんなに真剣に悩んでいるわけじゃないし、特に焦っているわけでもない。』という方にとっては、少し大袈裟な製品になってしまうのかも知れません。

そんな方にオススメしたいのが、クリアブルー排卵検査器の簡易版で同じくデジタル仕様の「クリアブルー・イージー」です。

クリアブルー・イージーは、「黄体刺激ホルモン(LH)」のみを利用して排卵日を予測する仕様ですので、「妊娠しやすい2~3日間」のみを知ることに留まりますが、国内で販売されている一般の排卵検査薬と同程度の価格帯ながら、曖昧さのないデジタル表示で99%の正確さを誇ります。

今までに、ドゥーテストやチェクワンなどの排卵検査薬を使っていて、『もう曖昧判定は嫌!』という方は、一度クリアブルー・イージーを試してみてください。戸惑いやストレスが消えてなくなります。