陽性反応が続く場合

排卵検査薬の曖昧判定はもう嫌!高精度デジタル排卵検査器「クリアブルー」

排卵検査薬を使って妊娠のタイミングを狙っている人にとっては、きっと毎日の陽性反応が気がかりなものですよね。

排卵検査薬で調べるのは排卵日で、この排卵されたか否かを調べるのに必要なのが尿中に含まれる黄体形成ホルモンってやつです。でもこの黄体形成ホルモンってやつは、常に分泌されているものなので、はっきり言っちゃえば常に検査の結果は陽性が続くってことになるのかな。

検査薬の結果はこのホルモンの量に反応して、色が薄かったり濃かったりで判断するんですが、常にうっすら陽性が続くってことは異常でもなんでもないので、慌てることはないんですよね。

妊娠するためのタイミングをうかがっている方達からしたら、慌てる必要はないとか心配しなくていいなんて言われても、気分を害されるだけなのかもしれませんけど…。

私も1度、しっかりと自分も測ってみたいなって思ってたりするんですけど、排卵が予想されるあたりで毎日計測というのがけっこう手間だなって思って、なかなか試せないでいます。

特に今すぐの妊娠を望んでるという訳でもないのが余計に手間だなって思わせるのかもしれませんね。でも、自分の体を知るという上では重要なことなのかもしれないなって思ってます。