陽性でも無排卵の場合

排卵検査薬の曖昧判定はもう嫌!高精度デジタル排卵検査器「クリアブルー」

積極的に妊娠を望む人で基礎体温をつけているのはもちろんのこと、排卵検査薬を使っているという人もけっこう多いみたいで、調べてみるとけっこうおもしろいというか勉強になるな~って思いました。

基礎体温も排卵検査薬もそうですが、毎日同じような時刻にはかるのがいいといいますよね。

特に排卵検査薬だと朝1番の尿は避けることとか10~20時の間に測るなど、基礎体温とは性質が異なるせいか、けっこう縛りがあるな~って思います。

それでも妊娠するために絶好のタイミングを狙うなら、やっぱり排卵日を特定してコトに及ぶのが1番の近道ですから、多少の制限、制約は致し方ないってことで諦めないといけませんね。

ただ、排卵検査薬で陽性の反応が出ても、無排卵ってこともあるみたいなので、基礎体温と併用がいいっていうのはあながちウソではなさそうです。

LHと呼ばれる特有のホルモン量で陽性か陰性かの判断をするんですが、常に分泌されてるホルモンなので、陽性になったからといって排卵があるって訳ではなく、無排卵の可能性もあったりするから微妙っちゃー微妙です。

排卵検査薬で陽性反応が出ても基礎体温が高温期に突入しなければ無排卵の可能性が高い判断がつくみたいなので、やっぱり本気なら基礎体温と排卵検査薬の併用がベストみたいです。